シアリスは長時間の効果が期待できる

勃起不全を改善するために使用されるのがED治療薬です。
ED治療薬の種類も様々あります。
有名なものとしてはバイアグラ、レビトラ、バルデナフィルなどがありますが、シアリスも人気のある薬として知られています。
治療薬としての効果が気になるでしょう。

・第3の治療薬です
DE治療薬の中に「シアリス」があります。
日本では「バイアグラ」、「レビトラ」の後に認可された、第3のED治療薬です。
アメリカの大手医療メーカーである「イーライリリー社」で製造されており、ED専門クリニックで処方してもらえます。
世界的な発売は2003年、また日本では2007年7月31日に認可がおりました。
薬の特徴としては副作用があまりなく、1回の服用で長時間の効果を期待できることです。
また食事に対して寛容な性質がありますので、そのタイミングを気にする必要はありません。
そのため食事内容、時間に関係なく気にせずに使用できるのです。
その効果はもちろんのこと、さらに副作用の面についても他のED治療薬より優れている点が大きな特徴といえるでしょう。
日本におけるEDの治療薬というとバイアグラのイメージがありますが、現在シアリスはEDの治療薬で全世界シェアの42%を占めています。

・持続性について
シアリスはブロック構造になっていることから、他の治療薬と比較して成分の吸収がゆっくりしています。
そのため代謝もゆっくりされますので、長時間の効果を期待できるのです。
当然個人差はありますが、平均的に見ると24~36時間の効果を期待できます。
そのため1回服用すれば、長時間勃起力を温存できます。
この持続効果ですが、その間ずっと勃起しているわけではなく、普段よりも性的刺激に反応しやすい状態になります。
そのようなこともあり、ED症状で良くある中折れの症状も防止できます。

EDを改善するために処方されるのがED治療薬です。
その中でも、効果の維持を期待できるのが「シアリス」です。
この薬には多くのメリットがあります。
勃起不全に悩んでいる方は、一度専門クリニックに相談してみてください。

シアリス ジェネリック
の商品紹介はこちらをご参照にして下さい。

毛根が死滅している場合は、育毛剤が効かないことも多い

育毛剤を使用するための条件としては、「毛根が生き残っているまたは休眠状態にある」ということに限られています。

そのため、毛根が死滅してしまっている状況になると、どの育毛剤を使っても効果を得ることが出来ないということになります。

一般的に発毛から脱毛に至るまでのプロセスに関しては下記のとおりになっています。

発毛期
成長期
脱毛期
休眠期

この4つのプロセスを繰り返すのが発毛から脱毛までのメカニズムになっています。

薄毛になってしまいやすい人の特徴としては、成長期が短く、休眠期が長くなってしまうために、徐々に頭皮が見える状況になってしまい、薄毛に気付くということになります。

一般的に薄毛になってから間もない人の場合は、多くが休眠期の毛根となっているために、育毛剤を使用することによって回復することが可能になっていますが、薄毛になってから数年~十年間ほどが経過している場合は既に毛根が死滅してしまっていることも考えられるために、それから育毛剤を使用しても効果がないということになります。

育毛剤を使用する際に、特に効果的だとされているのが、成長期が短くなってしまったケースとなっていて、成長期が短いために、髪が成長する前に抜け落ちてしまい、少しずつ髪が細く弱くなっている状況で育毛剤を使用するために、髪の太さと強さが復活するということになります。

成長期は通常の状態だと、2年~5年ほど続くということになっていますが、薄毛が進行してしまっている人の場合は、わずか数ヶ月で脱毛期に移行してしまって抜け落ちてしまうために、休眠期の期間が長くなってしまい結果的に頭皮が露出してしまう期間が長くなってしまうということに繋がります。

成長期が長くなると休眠期の毛根が少なくなるために、フサフサとした髪の毛を取り戻すことが出来ますので、毛根が死滅していない場合は諦めずに育毛剤の使用を考えてみると良いでしょう。

『毛根が死滅している場合は、育毛剤が効かないことも多い』

育毛剤を使用するための条件としては、「毛根が生き残っているまたは休眠状態にある」ということに限られています。

そのため、毛根が死滅してしまっている状況になると、どの育毛剤を使っても効果を得ることが出来ないということになります。

一般的に発毛から脱毛に至るまでのプロセスに関しては下記のとおりになっています。

発毛期
成長期
脱毛期
休眠期

この4つのプロセスを繰り返すのが発毛から脱毛までのメカニズムになっています。

薄毛になってしまいやすい人の特徴としては、成長期が短く、休眠期が長くなってしまうために、徐々に頭皮が見える状況になってしまい、薄毛に気付くということになります。

一般的に薄毛になってから間もない人の場合は、多くが休眠期の毛根となっているために、育毛剤を使用することによって回復することが可能になっていますが、薄毛になってから数年~十年間ほどが経過している場合は既に毛根が死滅してしまっていることも考えられるために、それから育毛剤を使用しても効果がないということになります。

育毛剤を使用する際に、特に効果的だとされているのが、成長期が短くなってしまったケースとなっていて、成長期が短いために、髪が成長する前に抜け落ちてしまい、少しずつ髪が細く弱くなっている状況で育毛剤を使用するために、髪の太さと強さが復活するということになります。

成長期は通常の状態だと、2年~5年ほど続くということになっていますが、薄毛が進行してしまっている人の場合は、わずか数ヶ月で脱毛期に移行してしまって抜け落ちてしまうために、休

育毛剤は薄毛が進行する前に使用する

育毛剤を使用する際に、多くの人が間違っているのは「薄毛になりきってしまってから育毛剤を使用する」ということです。

気持ちは分からないこともありませんが、育毛剤を使用する際の薄毛の状況によって薄毛が改善されるまでの時間と、薄毛が改善された時の状況が大きく異なりますので、育毛剤を使用しての薄毛対策は早ければ早いほど良いということになります。

特に薄毛の場合は、最終的に毛根が死滅するということになりますので、毛根が死滅してしまうと、どれだけ育毛剤を使用しても効果を得ることが出来ないということになりますので、毛根が死滅する前に育毛剤を使用しなければいけません。

巷で頻繁に耳にする「育毛剤を使用したけど効果がなかった」というような状況は、既に毛根が死滅してしまっているか、用法・用量を守らずに髪のケアを疎かにしているかのどちらかになるケースが多いために、育毛剤を使用する大前提としては、キチンと生活環境や生活習慣を整えた上で、毎日使用するということが大切です。

「育毛剤を使用するのは中高年になってからだ」と思っている人も多いですが、10代~20代の頃からキチンと薄毛対策として育毛剤を使用していると、中高年になってから薄毛に悩まされるというケースは大幅に減少することになりますのでおすすめです。

特に若い頃から薄毛対策をするということは、髪も十分に強い状態から対策をしているということになりますので、薄毛の心配をせずに済むというメリットもあります。

若い頃から育毛剤を使用しているということを聞くと恥ずかしいというイメージが強いかもしれませんが、キチンとした対策をすることによって年齢を重ねてから楽ができると考えれば、そう捨てたものではないかもしれません。

育毛剤を使用する際には、育毛剤の種類を考える人が多いですが、育毛剤の種類よりも薄毛になった原因を考えることも重要になっています。

タダラフィルが主成分のED治療薬は?

ED治療薬に含まれている成分も様々です。
その中の1つに「タダラフィル」があります。
この薬は、シアリスに含まれている有効成分です。
どのような特徴があるのでしょうか。

・世界で3番目の治療薬
ED治療薬として知られているシアリスの中に、タダラフィルと呼ばれる有効成分があります。
シアリスは2003年に、アメリカのイーライリリー社が製造を始めました。
そして日本では2007年7月に認可が下り、現在は世界で3番目のED治療薬として使用されています。
しかし日本で利用する場合、専門医による処方箋が必要です。
また保険外診療になりますので、医療機関によって費用が異なります。
シアリスは他の治療でも使用されており、例えば肺動脈性肺高血圧症の治療薬であれば保険が適用されます。
しかし治療の目的がED治療であれば、保険給付対象外になりますので注意が必要です。

・持続効果
タダラフィルは体の中で環状グアノシンーリン酸の分解を行う、「ホスホジエステラーゼ」の酵素の活性化を抑制する働きがあります。
この働きにより、陰茎の周辺部、または肺のNO作動性神経に作用して血管を拡張させます。
その結果、血流量が増大し勃起機能を促進してくれます。
他にもED治療薬がありますが、気になるのが効用の違いではないでしょうか。
シアリスは、バイアグラやレビトラとその効果が異なります。
シアリスは従来の治療薬の問題点を払拭するため、様々な研究によって開発されました。
改善されたものの中に、食事の問題があります。
シアリスは食事の影響を受けにくいのが特徴なのです。
また最大で36時間の持続効果が得られる点にも魅力を感じ、多くの人たちが今までの治療薬からシアリスに乗り換えました。
今後も、シアリスを利用する人が増加するものと思われます。

タダラフィルが有効成分であるシアリス、その効果に魅力があります。
最大で36時間の持続時間があることから、アメリカやヨーロッパなどでは「ウィークエンドピル」として親しまれています。
今後も多くの方から利用されることでしょう。

タダラフィルを有効成分とするシアリスと他のED治療薬との違い

EDの治療薬として用いられるものの代表的なものに、バイアグラ、レビトラ、そしてタダラフィルを主成分とするシアリスがあります。どれも血管拡張作用があり、個人差はあるものの勃起力を高めて性行為をスムーズに行うことできます。副作用も薬による個人差があり、それぞれの特徴を押さえておいて、自分に向いた治療薬を選択していきましょう。

バイアグラは、ED治療薬として世界で初めて認められ、製品化された薬で名前は一般的にも定着しています。短時間でガツンと効くという特徴があり、治療薬でも「スポーツカータイプ」の治療薬とされています。服用は性行為の1時間ほど前が有効で、作用時間は1回の服用で最低5時間程度です。レビトラは水に溶けやすい性質があり、即効性は高いと言われています。バイアグラに比較しても短時間で大きな効果があり、ロケットタイプと言われています。性行為の1時間ほど前に服用して、効果が5時間ほど持続する点で、バイアグラと似ています。これらの2つの治療薬に比較すると、タダラフィル配合のシアリスは、効果はマイルドです。じわじわと長時間作用するため、長距離バスタイプと言われています。長時間おだやかに効いていくため、顔のほてりなどの副作用は弱めです。性行為の3時間から4時間前に服用し、効果は20時間から24時間と非常に長めです。

服用にあたっても、3つには微妙な違いがあります。バイアグラは食事と併用した場合に、効果が減少する可能性があります。空腹時や食後2時間以上後の服用が推奨されています。食後服用ではあっさりしたものを腹7分目位の量に抑えた方がよいとあされています。アルコールは適量ならリラックス効果があり、相乗効果が期待できます。レビトラは食事の影響は受けにくい面がありますが、それでも空腹時は避けた方がよく、食後2時間以上経ってからの服用が望ましいとされています。タダラフィルを配合したシアリスは、食事の影響をほとんど受けないと言われています。ただし、空腹時の方が効き目が良いのは変わりなく、なるべく食後2時間以上経ってからの服用が推奨されています。

タダラフィルはどのような作用をもたらすのか

ED治療薬の中に、タダラフィルがあります。
ご存じの方も多いのではないでしょうか。
この薬は、インドにある製薬会社が製造しているシアリスのジェネリック医薬品です。
服用することで、EDの改善効果を期待できます。

・効果について
ED治療薬として知られている「タダラフィル」ですが、気になるのがその効果です。
この薬はシアリスのジェネリック医薬品ですが、初めての方はその内容が気になることでしょう。
薬の効果はシアリスと同じで、価格はシアリスよりも格安で購入できます。
またシアリスのジェネリック医薬品ですので勃起力があり、さらに持続時間も長いのが特徴です。
一度体の中に吸収させれば食事の影響を受けません。
服用しやすいED治療薬として評判です。
タダラフィルは効果の持続時間が長いのが特徴ですが、特に強い薬ではなくマイルドに効果があります。
長時間マイルドな効果がありますので、とても自然な勃起を見せてくれます。
また、バイアグラやレビトラを服用した時に良く見られる赤ら顔になりにくいので、顔のほてりを心配している方におすすめです。

・飲むタイミングに注意してください
EDの治療薬は薬に配合されている有効成分により、その効果持続時間や効果が出る時間も異なります。
さらに効き具合、副作用などについても個人差がありますので、まず何種類か試してその中から自分に合うものを選ぶと良いでしょう。
タダラフィルですが、この薬は水に溶けにくい性質を持っています。
また服用した後の効果は人によって変わり、だいたい30分~4時間程度とその開きも大きくなります。
そのため、服用のタイミングに注意する必要があります。
ちなみにバイアグラの効果が出る時間は30分~1時間半程度、またレビトラのそれは40~60分程度です。
実際に効果が出るまでの時間を考慮して、性行為を行う2~3時間程度前の服用がおすすめです。

シアリスのジェネリック医薬品として知られている「タダラフィル」、持続時間が長いのが特徴です。
勃起不全などの悩みがある方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

次のページ »