シアリスは長時間の効果が期待できる

勃起不全を改善するために使用されるのがED治療薬です。
ED治療薬の種類も様々あります。
有名なものとしてはバイアグラ、レビトラ、バルデナフィルなどがありますが、シアリスも人気のある薬として知られています。
治療薬としての効果が気になるでしょう。

・第3の治療薬です
DE治療薬の中に「シアリス」があります。
日本では「バイアグラ」、「レビトラ」の後に認可された、第3のED治療薬です。
アメリカの大手医療メーカーである「イーライリリー社」で製造されており、ED専門クリニックで処方してもらえます。
世界的な発売は2003年、また日本では2007年7月31日に認可がおりました。
薬の特徴としては副作用があまりなく、1回の服用で長時間の効果を期待できることです。
また食事に対して寛容な性質がありますので、そのタイミングを気にする必要はありません。
そのため食事内容、時間に関係なく気にせずに使用できるのです。
その効果はもちろんのこと、さらに副作用の面についても他のED治療薬より優れている点が大きな特徴といえるでしょう。
日本におけるEDの治療薬というとバイアグラのイメージがありますが、現在シアリスはEDの治療薬で全世界シェアの42%を占めています。

・持続性について
シアリスはブロック構造になっていることから、他の治療薬と比較して成分の吸収がゆっくりしています。
そのため代謝もゆっくりされますので、長時間の効果を期待できるのです。
当然個人差はありますが、平均的に見ると24~36時間の効果を期待できます。
そのため1回服用すれば、長時間勃起力を温存できます。
この持続効果ですが、その間ずっと勃起しているわけではなく、普段よりも性的刺激に反応しやすい状態になります。
そのようなこともあり、ED症状で良くある中折れの症状も防止できます。

EDを改善するために処方されるのがED治療薬です。
その中でも、効果の維持を期待できるのが「シアリス」です。
この薬には多くのメリットがあります。
勃起不全に悩んでいる方は、一度専門クリニックに相談してみてください。

シアリス ジェネリック
の商品紹介はこちらをご参照にして下さい。

プロペシアの上手な服用方法とは?

プロペシアの効果的な服用タイミングは?
薄毛治療ではほとんどのAGAクリニックで利用されている内服薬系プロペシアですが、1日の用量は説明されているものの、実際に飲む時のタイミングや飲み方については知らない人も多い事でしょう。特に個人輸入で購入している方は自己流で服用しているかもしれません。そこでAGAクリニックでのアドバイスを参考にしますと、服用の時間帯には特に決められていません。ただし、服用の間隔はできるだけ24時間間隔が好ましいとの事です。この服用間隔は、薬の有効成分・フィナステリドの体内濃度と関係があります。例えばフィナステリド含有量が1mgのタブの場合、服用して半日もすれば濃度も半減するでしょう。もし10時間も立たずにまた服用すれば、場合によっては適量の1mgを超える事もあり得ます。フィナステリドは副作用の強い薬ですので、適量以上の服用はできるだけ避けるべきです。また反対に1日1錠という事で朝飲んで、翌日は忙しくて夜中に服用したケースでは24時間以上の間隔が空く事になり、薬が効いていない時間が長くなります。この様に服用間隔が短くなったり長くなったりを繰り返せば、それなりにロスも出てくるかもしれません。

また体の消化・吸収器官もリズムがあって、吸収率を高めるために一定のリズムをもって服用する方が効率的です。髪の毛が成長し、かつ頭皮環境が改善される時間帯は睡眠時となります。つまりこの時間帯にフィナステリドの濃度が高い方が有効です。寝る前の決まった時間に服用する習慣がベストと言えるでしょう。

プロペシアと併用したいサプリがあります
長期服用を続ける事で効果が増してくるのがプロペシアですから、同時に育毛に役立つ栄養補給もしておく方が良いでしょう。そこでアルギニンやロイシン・イソロイシンといった、細胞分裂を促進させるアミノ酸をしっかりと摂取すると効果的です。またビタミン・ミネラルの補給も重要で、そのような滋養強壮効果のある精力サプリは薄毛の男性におすすめです。

プロペシアが育毛剤として優れた効果を発揮するのは?

脱毛因子を抑制するプロペシア
プロペシアに育毛効果があるとされるのは、実は髪の毛を生やす働きがある訳ではなく、主成分のフィナステリドに脱毛因子を阻害する効果があるからです。そこでAGAの医学的なシステムから説明しますと、男性型の脱毛症の場合は血中の男性ホルモン・テストステロンが5αリダクターゼという還元酵素によって脱毛因子に返還されてしまうために発生します。この5αリダクターゼは毛根部に存在している酵素で、基本的にはどなたも持っている酵素です。そしてこの酵素が活性化して、次々にテストステロンを脱毛ホルモン・ジヒドロテストステロンに変換してしまうと、これが男性ホルモンレセプターに結合してTGF-β1を生成して、毛母細胞の細胞分裂作業をストップさせるのです。これによって髪の毛は成長を止め、やがて抜け落ちるシステムです。

プロペシアをより有効に利用する方法
プロペシアの有効成分・フィナステリドは、この悪玉ホルモンを生成する5αリダクターゼの働きを妨害し、テストステロンの脱毛因子化にストップをかけてくれます。そこでプロペシアを1年間服用すると、60%もの利用者に発毛効果が見られるとのデータがありました。また発毛までは実感できずとも、脱毛が改善された方が40%近くに昇ります。つまり、全く効果を実感できなかった方はほんの数%という事です。そして3年以上の長期服用をすれば80%以上の確率で発毛・育毛効果が期待できるのです。ただし、育毛力自体に関しては、DHTの減少と必ずしも比例はしません。それは髪の毛の育毛が、頭皮環境に大きく影響を受けるからです。実際に脱毛が進んでいる方の頭皮環境は劣悪で、毛穴が角質や皮脂で詰まっていたり、頭皮の毛細血管がつぶれていて、血液の流れが悪かったりと育毛にとって悪条件になっています。そこでまず栄養補給の意味で、頭皮の毛細血管を修復して血行改善をもって栄養補給をする事が効果的です。血管拡張と血管修復効果に優れたミノキシジルか、副作用のないフコイダンなどの天然成分による育毛剤を併用すると良いでしょう。

プロペシアがAGAに有効な理由とは?

プロペシアの効果は臨床試験で確認済
プロペシアは外国で開発された新薬ですが、もちろん日本での認可を受けるにあたって、日本でも臨床試験を受けています。また実際の利用者から得たデータもしっかりと取られていて、そのデータの中には1年間継続の臨床試験があります。結果は有効成分フィナステリドを0.2mg投与で 54%が改善し、1mg投与の場合は58%の改善が見られました。それから1mg投与の継続2年目になると改善率が68%にアップし、3年目では78%まで達したとあります。この発毛効果のズレはヘアサイクル(毛周期)があるためです。一般的に人の頭髪は成長期・退行期・休止期のサイクルを2~6年間で繰り返しています。このサイクルに合わせて毛根から髪の毛が発毛するので、場所によっては2年や3年のタイムラグが生じても不思議ではないという事です。反対にこのぐらいの年数を掛ける事によって、ほとんどの毛母細胞の細胞分裂を再開して、どの薄毛部分からも発毛が見られます。

プロペシアの治療効果とメカニズム
プロペシアの有効成分フィナステリドには、男性ホルモンテストステロンへの働きかけに優れていて、AGA脱毛が起こる原因を根本的に改善させるメリットがあります。具体的に脱毛症状は、脱毛因子であるジヒドロテストステロン・DHTが毛母細胞に接触して細胞分裂を中止させることで起こります。またこのDHTは性機能を劣化させる悪玉ホルモンとも呼ばれていて、男性には大敵です。フィナステリドは、テストステロンがジヒドロテストステロン・DHTへ変換させる5αリダクターゼの働きを阻害します。つまり5αリダクターゼを無力化させて、悪玉ホルモンの発生を阻害する働きをするのです。実際にフィナステリドの長期服用によって、被験者の頭皮のDHT濃度が64%も低下していました。これで抜け毛の予防が可能になります。後はミノキシジルなどの血行アップ成分で、頭皮・毛母細胞へ栄養を送り込み、しっかりと発毛させると髪の毛の復活が期待できるのです。

育毛剤プロペシアをリーズナブルに購入する方法とは

プロペシアの個人輸入は一般の通販と同じ!
5αリダクターゼによるAGA脱毛を抑制するプロペシアは、現時点で厚生省の規制によって市販の認可が下りていません。その為にAGAクリニックなどで、医師の処方による利用が義務付けられています。それではコストがかさみますので、他の手段として個人輸入代行店を通した購入方法が人気です。個人輸入代行店は、海外の製薬会社や取扱業者からプロペシアを代理に購入して自宅まで宅配してくれるもので、ネット通販の利用と全く変わらずに、プロペシアは購入できます。具体的に個人輸入をするメリットですが、一般的にクリニックでプロペシアを利用する場合、その治療は保険適用外で自費扱いとなって薬代だけでも月に1万円前後は掛かってきます。しかし個人輸入でプロペシアを購入すれば月に5000円もあれば済んでしまいます。ましてジェネリック薬品を購入すると、月1000円で収まってしまうリーズナブルさですから、多くの方が個人輸入をしている理由が分かるでしょう。またAGAクリニックでの薄毛治療には半年や1年の治療期間が必要ですから、通院の時間が掛かって面倒です。通院回数もそれなりに多くなりますし、やはり他人に薄毛をいじられるのは恥ずかしい気持ちがするでしょう。もし若い女性スタッフが担当すれば、それだけでも自尊心が傷つくかもしれません。また診察料も検査料も自腹ですので、先の費用に加算される金額はもっと大きく膨らんでしまいます。

個人輸入のプロペシアは自己流仕様に注意
ただしプロペシアは副作用の強い医薬品ですから、自己流でむやみに使用すると危険です。万が一のトラブルがあっても、代行業者にクレームをつける事も難しく、責任追及も無理でしょう。そして国内の承認薬としての保証が付かない点が最大のデメリットです。つまり全て自己責任で使用するのが前提になっています。偽プロペシアもたくさん市場に出回っていて、特に中国製は要注意です。コストダウンのためにクズ薬品・廃棄薬品でかさ増しをするケースも珍しくありません。そういった被害にあわない様に十分に注意しましょう。(2017年現在)

薄毛対策は育毛剤だけではなく、多角的に行う必要がある

薄毛対策をしようと考えた人の多くは育毛剤や育毛シャンプーなどに手を出すという人が多くなっていますが、育毛剤や育毛シャンプーを使用することはオススメできますが、それだけでは、高い効果を得ることは難しいと思われます。

薄毛対策をするために必要なのは、頭皮や健康、日常生活に対して多角的に考えるということになっていて、育毛剤を使用しただけでは薄毛が改善されないことも多くなっています。

面倒かもしれませんが、真剣に薄毛対策をする際に重要なポイントとしては下記の5点となっています。

頭皮環境を整える
睡眠時間を一定にする
食生活を改善する
家庭環境や職場環境でストレスを受けないようにする
毎日育毛剤を使い続ける

これら5点を守ることによって、薄毛対策を万全にすることが可能になっています。

あと、補足としてはタバコを吸っている人は薄毛になりやすいというデータもあります。

これはタバコに含まれている成分が、血管を収縮させてしまうという働きを持っているために、頭皮や毛根に繋がる血管が細くなってしまって、栄養分を行き渡らせることが出来なくなってしまうということが考えられます。

タバコと同様にアルコールに関しても控えたほうが良いという考えが強いですが、アルコールは逆に血管を広げるという作用を持っているために、適量のアルコールは薄毛対策にも効果的だということになります。

頭皮環境を整えるというと、朝と夜に洗髪をしたり、洗髪の度に2回以上シャンプーで洗ったりする人が多いですが、頭皮環境や毛髪のことを考えるのなら逆効果になってしまいますので十分に注意して下さい。

恐らく、頭皮の皮脂が気になるので過剰に洗髪をするのだと思われますが、必要以上に皮脂を洗い流してしまうと、次に生成される皮脂は前回よりも多く生成されてしまうことになりますので、結果的に皮脂が多く分泌されて薄毛を進行させてしまうということに繋がってしまいます。

次のページ »