毛根が死滅している場合は、育毛剤が効かないことも多い

育毛剤を使用するための条件としては、「毛根が生き残っているまたは休眠状態にある」ということに限られています。

そのため、毛根が死滅してしまっている状況になると、どの育毛剤を使っても効果を得ることが出来ないということになります。

一般的に発毛から脱毛に至るまでのプロセスに関しては下記のとおりになっています。

発毛期
成長期
脱毛期
休眠期

この4つのプロセスを繰り返すのが発毛から脱毛までのメカニズムになっています。

薄毛になってしまいやすい人の特徴としては、成長期が短く、休眠期が長くなってしまうために、徐々に頭皮が見える状況になってしまい、薄毛に気付くということになります。

一般的に薄毛になってから間もない人の場合は、多くが休眠期の毛根となっているために、育毛剤を使用することによって回復することが可能になっていますが、薄毛になってから数年~十年間ほどが経過している場合は既に毛根が死滅してしまっていることも考えられるために、それから育毛剤を使用しても効果がないということになります。

育毛剤を使用する際に、特に効果的だとされているのが、成長期が短くなってしまったケースとなっていて、成長期が短いために、髪が成長する前に抜け落ちてしまい、少しずつ髪が細く弱くなっている状況で育毛剤を使用するために、髪の太さと強さが復活するということになります。

成長期は通常の状態だと、2年~5年ほど続くということになっていますが、薄毛が進行してしまっている人の場合は、わずか数ヶ月で脱毛期に移行してしまって抜け落ちてしまうために、休眠期の期間が長くなってしまい結果的に頭皮が露出してしまう期間が長くなってしまうということに繋がります。

成長期が長くなると休眠期の毛根が少なくなるために、フサフサとした髪の毛を取り戻すことが出来ますので、毛根が死滅していない場合は諦めずに育毛剤の使用を考えてみると良いでしょう。

『毛根が死滅している場合は、育毛剤が効かないことも多い』

育毛剤を使用するための条件としては、「毛根が生き残っているまたは休眠状態にある」ということに限られています。

そのため、毛根が死滅してしまっている状況になると、どの育毛剤を使っても効果を得ることが出来ないということになります。

一般的に発毛から脱毛に至るまでのプロセスに関しては下記のとおりになっています。

発毛期
成長期
脱毛期
休眠期

この4つのプロセスを繰り返すのが発毛から脱毛までのメカニズムになっています。

薄毛になってしまいやすい人の特徴としては、成長期が短く、休眠期が長くなってしまうために、徐々に頭皮が見える状況になってしまい、薄毛に気付くということになります。

一般的に薄毛になってから間もない人の場合は、多くが休眠期の毛根となっているために、育毛剤を使用することによって回復することが可能になっていますが、薄毛になってから数年~十年間ほどが経過している場合は既に毛根が死滅してしまっていることも考えられるために、それから育毛剤を使用しても効果がないということになります。

育毛剤を使用する際に、特に効果的だとされているのが、成長期が短くなってしまったケースとなっていて、成長期が短いために、髪が成長する前に抜け落ちてしまい、少しずつ髪が細く弱くなっている状況で育毛剤を使用するために、髪の太さと強さが復活するということになります。

成長期は通常の状態だと、2年~5年ほど続くということになっていますが、薄毛が進行してしまっている人の場合は、わずか数ヶ月で脱毛期に移行してしまって抜け落ちてしまうために、休

コメント

コメントする