タダラフィルは食事の影響を受けない?

タダラフィルの大きな特徴として、食事の影響を受けにくいというものがあります。バイアグラはある程度、食事の影響を受けるため服用では気を使う必要がありますが、タダラフィルはバイアグラほどの影響はないといわれています。

とはいえ、ある程度気を付けた方が効果を実感できることは確かです。たとえばタダラフィルは個人差はありますが、服用して2時間以上経ってから効果が出てくる薬です。これは空腹時に服用した場合で、食後に服用すると効果が出るのが遅くなります。豚カツやステーキなど油分の多い食事の後だと、もっと効果の出る時間が遅くなります。まったく影響を受けないというより、効果の出る時間に違いが出てくると言えるでしょう。バイアグラやレビトラなどの薬とタダラフィルとの大きな違いは水溶性です。バイアグラなどは水に溶けやすい性質を持っています。ただ、効果の持続時間はタダラフィルより短い傾向があります。これに対してタダラフィルは水に溶けにくいという性質があり、ゆっくりと消化されていきます。そのため、最初に効果が出るまでに時間はかかりますが、その後も有効成分が少しずつ吸収されていくため、作用時間が長いということになります。

また、アルコールに関してもタダラフィルにあまり影響はなく、併用しても構いません。とはいえ、タダラフィルには頭痛やめまいなどの副作用がありますので、アルコールと併用すると副作用が強くなる可能性があります。人によってはアルコールを飲んでから、タダラフィルを服用して、悪酔いしてしまったということもあります。良いが回りやすくなり、副作用の頭痛などを引き起こすことになれば、性行為そのものが不可能になります。アルコールはリラックスするためのものという程度に留めた方がいいでしょう。タダラフィルは他のED治療薬に比較して即効性はないものの、長くじっくり効く性質があります。こういった特性をよくわきまえたうえで服用していきましょう。

コメント

コメントする