プロペシアが育毛剤として優れた効果を発揮するのは?

脱毛因子を抑制するプロペシア
プロペシアに育毛効果があるとされるのは、実は髪の毛を生やす働きがある訳ではなく、主成分のフィナステリドに脱毛因子を阻害する効果があるからです。そこでAGAの医学的なシステムから説明しますと、男性型の脱毛症の場合は血中の男性ホルモン・テストステロンが5αリダクターゼという還元酵素によって脱毛因子に返還されてしまうために発生します。この5αリダクターゼは毛根部に存在している酵素で、基本的にはどなたも持っている酵素です。そしてこの酵素が活性化して、次々にテストステロンを脱毛ホルモン・ジヒドロテストステロンに変換してしまうと、これが男性ホルモンレセプターに結合してTGF-β1を生成して、毛母細胞の細胞分裂作業をストップさせるのです。これによって髪の毛は成長を止め、やがて抜け落ちるシステムです。

プロペシアをより有効に利用する方法
プロペシアの有効成分・フィナステリドは、この悪玉ホルモンを生成する5αリダクターゼの働きを妨害し、テストステロンの脱毛因子化にストップをかけてくれます。そこでプロペシアを1年間服用すると、60%もの利用者に発毛効果が見られるとのデータがありました。また発毛までは実感できずとも、脱毛が改善された方が40%近くに昇ります。つまり、全く効果を実感できなかった方はほんの数%という事です。そして3年以上の長期服用をすれば80%以上の確率で発毛・育毛効果が期待できるのです。ただし、育毛力自体に関しては、DHTの減少と必ずしも比例はしません。それは髪の毛の育毛が、頭皮環境に大きく影響を受けるからです。実際に脱毛が進んでいる方の頭皮環境は劣悪で、毛穴が角質や皮脂で詰まっていたり、頭皮の毛細血管がつぶれていて、血液の流れが悪かったりと育毛にとって悪条件になっています。そこでまず栄養補給の意味で、頭皮の毛細血管を修復して血行改善をもって栄養補給をする事が効果的です。血管拡張と血管修復効果に優れたミノキシジルか、副作用のないフコイダンなどの天然成分による育毛剤を併用すると良いでしょう。

コメント

コメントする