タダラフィルとは?

タダラフィルというED治療薬に注目が集まっています。ED治療といえばバイアグラが有名ですが、他にもレビトラというバイエル薬品が販売している治療薬も登場しており、タダラフィルも近年注目されているED治療薬です。

タダタラフィルは、元々シアリスというED治療薬のジェネリック医薬品です。同じ成分を持つ後発医療薬をジェネリックといい、シアリスもタダラフィルも効能は同じです。後発医療薬であるため、先発のシアリスよりも安価で購入することができます。シアリスは効果持続時間が長いのが特長で、タダラフィルも同様に効果が長い時間継続します。とはいえ強い薬ということではなく、マイルドに効いていきます。より自然な勃起が得られ、バイアグラやレビトラを服用したときのような赤ら顔になりにくいというメリットがあります。バイアグラなどで顔のほてりが気になるという人や、軽度のEDの治療に向いていると言われています。

タダラフィルは水に溶けにくいという性質があり、服用してから最高血中濃度に達する時間が30分から4時間となっており、人によって大きな個人差があります。バイアグラは30分から1時間ほど、レビトラは40分ほどで血中最高濃度に達すため、効き目はおだやかと言えるでしょう。即効性はあまり期待できないかもしれません。そのため、服用は性行為の2時間から3時間くらい前がいいとされています。

タダラフィルは、勃起を妨げる酵素である5型ホスホジエステラーゼの働きを阻害して勃起をうながすという薬です。服用してから約36時間まで機能の改善が見られ、服用のときの食事への影響が少ないという点がメリットです。飲む時間にこだわらなくていいというのが最大の特長といえるでしょう。バイアグラは、主に性行為の1時間前に服用しますが、タダラフィルはそういった忙しさはありません。空腹時の使用が推奨されています。ED治療薬は効き具合や副作用に個人差があります。いくつかの種類を試してみて、自分に合っているものを探すようにしましょう。

コメント

コメントする