タダラフィルの服用の注意点

タダラフィルは、日本ではイーライリリー株式会社がシアリスという製品名で製造販売しています。2007年7月に販売承認を得た比較的新しいED治療薬です。薬価基準未収載の薬に分類されています。そのため、診察料から処方まですべて保険適用外になります。今まで一般的であったED治療薬のバイアグラやレビトラと違って服用から36時間経過まで効果があると認められています。いったん体内に吸収されると食事の影響をほとんど受けないため、ED治療につきものの焦りやプレッシャーなどを感じないで済むというメリットがあります。

タダラフィルを有効成分とするシアリスは、服用後に最高血中濃度へ達する時間が30分から4時間と、大きな個人差があります。服用は性行為の3時間くらい前が推奨されています。バイアグラやレビトラは効果の持続時間が4時間から6時間ほどで、食事の影響も受けるため、ED治療をしている患者にとっては服用タイミングに気を使う必要がありましたが、タダラフィルを10mg配合したシアリスでは20時間から24時間、20mgで30時間から36時間と勃起機能の改善がみられる効果が確認されています。服用時のタイミングを調整できますし、薬効が切れる前に性行為しなければいけないというプレッシャーが少ないという大きなメリットがあります。食事からの影響がないいっても、メーカーであるイーライリリーの発表によると、800kcal以上では若干の影響が出ることが報告されています。800kcalは、たとえば牛丼の大盛だと楽に超えますし、マクドナルドのビッグマックは600kcal以上あります。多少気を使った方がいいことには変わりません。

シアリスは、飲んでからの効果の持続時間が長いのが特徴です。どの程度タダラフィルを配合していかにもよりますが、1日以上は薬効が持続します。そのため、1日の服用は1回までで、24時間以上の間隔を空けて服用する必要があります。また、硝酸剤やβ遮断薬の一部、緑内障の治療薬の一部とは併用が禁忌ですので注意しましょう。硝酸剤は、不整脈や脳梗塞、心筋梗塞などの既往歴のある人に処方される薬です。

コメント

コメントする