育毛剤は発毛剤ではないということを理解する

育毛剤について勘違いされやすいのが、育毛剤を発毛剤と間違えて購入するということになります。

育毛剤を使用することによって発毛を促すということについては間違っていませんが、毛根が死滅してしまっている場合には、どれほど育毛剤を使用してもそこから髪の毛が生えてくるということはありません。

そのため、育毛剤を使用しても効果がなかったと嘆く人が多くなっていますが、毛根が死滅しているのではなく、休眠状態にある場合は育毛剤が効果的になっています。

薄毛になってしまうメカニズムを考えてみると、ある日突然に、毛根から髪の毛が生えてこなくなるということではなく、前段階として、徐々に髪の毛が細くなり抜けやすくなるという段階が必ずあります。

病気や治療などで強力な医薬品などを使用していて、医薬品の副作用で抜け毛になってしまったという状況だと別問題となりますが、日常生活を繰り返す上で徐々に髪の毛が薄くなってきた気がするというのは、徐々に髪の毛が弱くなっているということになります。

そのため、育毛剤を使用すると、弱くなっている髪の毛を強くすることが可能になりますので、毛根が死滅していない限りは髪の量を復活させることが出来るということに繋がります。

大切なのは「髪の量を増やすことが出来る」というよりも、「髪の量をもとに戻すことが出来る」ということが正確なので、はじめから髪の量が少ないという人の場合は、髪の量が増えることではないということについて知っておいて下さい。

また、永久脱毛や過度な染髪やパーマを繰り返してしまうと髪質だけではなく毛根も死滅する可能性が高くなってしまいますので、そのような状況になってから育毛剤を使用しても髪が復活するということはありませんのでその点に関しても十分に注意が必要です。

最後に遺伝的な理由で薄毛になってしまう方も多いと思われますが、遺伝の場合は薄毛になることを遅らせることは可能ですが、薄毛になることを防ぐのは非常に難しくなっています。

コメント

コメントする