タダラフィルと併用できない薬

タダラフィルと併用できない薬の代表的なものが硝酸剤です。併用禁忌とされています。薬にはこういった併用禁忌はよくあることで、それを防ぐために近年では自治体で「お薬手帳」などを住民に配っています。

タダラフィルは「選択的なcGMP特異的PDE5阻害剤」という種類の薬です。細胞内のcGMPの濃度を上昇させて、血管平滑筋の弛緩を増強させることで、勃起力を高めます。このため、タダラフィルと硝酸剤を併用すると、血管平滑筋が弛緩することによる降圧作用が増強されることになり、結果的に過度の血圧降下を生じる危険性があります。慢性的な狭心症患者や冠動脈疾患患者、糖尿病患者などを対象とした薬物併用実験をした際に、硝酸剤とタダラフィルを併用で心血管系の有害事象が発現することが認められています。このため、硝酸剤とタダラフィルの併用は禁忌とされています。狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの既往症を持つ人、また低血圧症や高血圧症の患者に対してもタダラフィルの投与が認められないケースがあります。性行為は血圧や心拍数、心筋酸素消費量を増大させます。心血管系の障害を持っている人は、性行為そのものを控える必要があります。また、タダラフィルによる血管拡張で血圧が下降するので、心血管系に異常をきたす危険性があります。脳梗塞や脳出血後の患者は血圧コントロールが重要になります。そのため、安全性を考慮して、こういった既往症のある人には処方されないことがあります。

また、タダラフィルは薬物代謝酵素によって代謝されるため、肝障害の患者にも処方されないことがあります。国内外の試験によっても、重度の肝障害のある患者には、クリアランスが低下し過ぎるという結果が出ており、処方は見送られる可能性が高いです。また、タダラフィルはPDE6に対する阻害作用も持つため、PDE6の異常を回避しなければならない網膜色素変性症の患者に対しても使用は禁止になっています。その他、ED治療薬全般で注意すべき既往症があるので、医師に診察してもらったうえで処方してもらうようにしましょう。

コメント

コメントする