育毛剤プロペシアをリーズナブルに購入する方法とは

プロペシアの個人輸入は一般の通販と同じ!
5αリダクターゼによるAGA脱毛を抑制するプロペシアは、現時点で厚生省の規制によって市販の認可が下りていません。その為にAGAクリニックなどで、医師の処方による利用が義務付けられています。それではコストがかさみますので、他の手段として個人輸入代行店を通した購入方法が人気です。個人輸入代行店は、海外の製薬会社や取扱業者からプロペシアを代理に購入して自宅まで宅配してくれるもので、ネット通販の利用と全く変わらずに、プロペシアは購入できます。具体的に個人輸入をするメリットですが、一般的にクリニックでプロペシアを利用する場合、その治療は保険適用外で自費扱いとなって薬代だけでも月に1万円前後は掛かってきます。しかし個人輸入でプロペシアを購入すれば月に5000円もあれば済んでしまいます。ましてジェネリック薬品を購入すると、月1000円で収まってしまうリーズナブルさですから、多くの方が個人輸入をしている理由が分かるでしょう。またAGAクリニックでの薄毛治療には半年や1年の治療期間が必要ですから、通院の時間が掛かって面倒です。通院回数もそれなりに多くなりますし、やはり他人に薄毛をいじられるのは恥ずかしい気持ちがするでしょう。もし若い女性スタッフが担当すれば、それだけでも自尊心が傷つくかもしれません。また診察料も検査料も自腹ですので、先の費用に加算される金額はもっと大きく膨らんでしまいます。

個人輸入のプロペシアは自己流仕様に注意
ただしプロペシアは副作用の強い医薬品ですから、自己流でむやみに使用すると危険です。万が一のトラブルがあっても、代行業者にクレームをつける事も難しく、責任追及も無理でしょう。そして国内の承認薬としての保証が付かない点が最大のデメリットです。つまり全て自己責任で使用するのが前提になっています。偽プロペシアもたくさん市場に出回っていて、特に中国製は要注意です。コストダウンのためにクズ薬品・廃棄薬品でかさ増しをするケースも珍しくありません。そういった被害にあわない様に十分に注意しましょう。(2017年現在)

薄毛対策は育毛剤だけではなく、多角的に行う必要がある

薄毛対策をしようと考えた人の多くは育毛剤や育毛シャンプーなどに手を出すという人が多くなっていますが、育毛剤や育毛シャンプーを使用することはオススメできますが、それだけでは、高い効果を得ることは難しいと思われます。

薄毛対策をするために必要なのは、頭皮や健康、日常生活に対して多角的に考えるということになっていて、育毛剤を使用しただけでは薄毛が改善されないことも多くなっています。

面倒かもしれませんが、真剣に薄毛対策をする際に重要なポイントとしては下記の5点となっています。

頭皮環境を整える
睡眠時間を一定にする
食生活を改善する
家庭環境や職場環境でストレスを受けないようにする
毎日育毛剤を使い続ける

これら5点を守ることによって、薄毛対策を万全にすることが可能になっています。

あと、補足としてはタバコを吸っている人は薄毛になりやすいというデータもあります。

これはタバコに含まれている成分が、血管を収縮させてしまうという働きを持っているために、頭皮や毛根に繋がる血管が細くなってしまって、栄養分を行き渡らせることが出来なくなってしまうということが考えられます。

タバコと同様にアルコールに関しても控えたほうが良いという考えが強いですが、アルコールは逆に血管を広げるという作用を持っているために、適量のアルコールは薄毛対策にも効果的だということになります。

頭皮環境を整えるというと、朝と夜に洗髪をしたり、洗髪の度に2回以上シャンプーで洗ったりする人が多いですが、頭皮環境や毛髪のことを考えるのなら逆効果になってしまいますので十分に注意して下さい。

恐らく、頭皮の皮脂が気になるので過剰に洗髪をするのだと思われますが、必要以上に皮脂を洗い流してしまうと、次に生成される皮脂は前回よりも多く生成されてしまうことになりますので、結果的に皮脂が多く分泌されて薄毛を進行させてしまうということに繋がってしまいます。

育毛剤を使用していることを他人に知られたくない

育毛剤を使用しているということを周りの人に知られたくないという人は大勢います。

職場の人は当然として、中には家族にも知られたくないというケースも珍しくありませんので、そのような場合には使用する育毛剤を選択しなければいけません。

育毛剤の中には、ヘアートニックのように香料がキツくなっているタイプもあれば、無香料で揮発性が高く、育毛剤をつけても、数秒~数十秒ほどで揮発してしまうために育毛剤を付けていると知られないタイプもあります。

どちらのタイプが良いのかというのは、使用する人の状況によって大きく異なります。

例えば、常日頃からヘアートニックのような整髪料を付けているという人の場合は、少しベタつきのあるタイプの育毛剤を使用することによって、整髪料の代わりという使い方をすることで、育毛剤を付けていることを悟られないという使用方法がおすすめです。

しかし、日常的に髪のケアもセットも何もしていない人が、ある日突然、髪をセットしていたり、髪から芳香が漂ってきたりすると「この人は髪に何かをしている」と悟られることになりますので逆効果です。

このように、自分の日常に置き換えて、自分ならどのようなタイプの育毛剤が合っているのかということを分析することによって、自分に最適な育毛剤を見つけることが出来るということになります。

特に、嗅覚や視覚というのは、人間が人間を判断するために重要な器官となっていますので、これらの認識を躱すことが育毛剤を使用していることを他人に知られないために必要なこととなっています。

もう一つ、重要なポイントとしては、インターネット通販を使用して育毛剤を購入する場合は、梱包された伝票に育毛剤ということを記載しない業者を選ぶことが重要です。

一人暮らしをしているのなら問題ないかもしれませんが、家族や恋人が一緒に暮らしている場合は、伝票を見られてしまう恐れもありますので、知られたくない場合は細心の注意を払わなければいけません。

育毛剤を使用するときは、最低でも半年間は継続して使う

インターネット通販などで育毛剤を購入すると、返金保証サービスという特典が付いている商品も多くなっていますが、基本的に返金保証サービスを利用することが出来る期間内では育毛剤の効果を実感することが非常に難しくなっていることが特徴的です。

髪のサイクルを考えると、育毛剤を毎日使用している場合でも、効果を実感することが出来るのは早くて3ヶ月、一般的には6ヶ月、遅い方の場合は10ヶ月程度の時間が必要となっていますが、インターネット通販で購入する育毛剤の返金保証サービスが受けられる期間というのは、長くても3ヶ月程度になっているために、効果を実感する前に保証期間が切れてしまうということになります。

しかし、本当に薄毛が心配で髪のことを考えているのなら、返金保証期間については無視したほうが良いということになります。

上記でも紹介したように、育毛剤の使用を始めてから効果を実感するまでには3ヶ月~10ヶ月程度の時間がかかり、十分に髪の毛が復活して薄毛を解消することが出来たと実感するまでには、個人差がありますが2年近くの時間がかかることも珍しくありません。

そのため、育毛剤の使用を始めてから2~3ヶ月が経過したけど、効果を実感することが出来ないという方でも、安心していて問題ありません。

育毛剤の効果を実感する機会というのは、初めは「抜け毛が減ってきた?」というような感覚から始まる人が多いために、「目に見えて薄毛が解消された?」ということをイメージしていると実感するのが遅くなりますが、毎日抜け毛のチェックをしている人からすると、効果を早く実感できるということになります。

大切なのは、育毛剤を毎日使用するということになりますが、薄毛になってしまう人ほど毎日の髪のケアは疎かにしている傾向が強いために、その辺りの環境を整えることから始めると、目に見えて抜け毛が減るということに繋がるかもしれません。

毛根が死滅している場合は、育毛剤が効かないことも多い

育毛剤を使用するための条件としては、「毛根が生き残っているまたは休眠状態にある」ということに限られています。

そのため、毛根が死滅してしまっている状況になると、どの育毛剤を使っても効果を得ることが出来ないということになります。

一般的に発毛から脱毛に至るまでのプロセスに関しては下記のとおりになっています。

発毛期
成長期
脱毛期
休眠期

この4つのプロセスを繰り返すのが発毛から脱毛までのメカニズムになっています。

薄毛になってしまいやすい人の特徴としては、成長期が短く、休眠期が長くなってしまうために、徐々に頭皮が見える状況になってしまい、薄毛に気付くということになります。

一般的に薄毛になってから間もない人の場合は、多くが休眠期の毛根となっているために、育毛剤を使用することによって回復することが可能になっていますが、薄毛になってから数年~十年間ほどが経過している場合は既に毛根が死滅してしまっていることも考えられるために、それから育毛剤を使用しても効果がないということになります。

育毛剤を使用する際に、特に効果的だとされているのが、成長期が短くなってしまったケースとなっていて、成長期が短いために、髪が成長する前に抜け落ちてしまい、少しずつ髪が細く弱くなっている状況で育毛剤を使用するために、髪の太さと強さが復活するということになります。

成長期は通常の状態だと、2年~5年ほど続くということになっていますが、薄毛が進行してしまっている人の場合は、わずか数ヶ月で脱毛期に移行してしまって抜け落ちてしまうために、休眠期の期間が長くなってしまい結果的に頭皮が露出してしまう期間が長くなってしまうということに繋がります。

成長期が長くなると休眠期の毛根が少なくなるために、フサフサとした髪の毛を取り戻すことが出来ますので、毛根が死滅していない場合は諦めずに育毛剤の使用を考えてみると良いでしょう。

『毛根が死滅している場合は、育毛剤が効かないことも多い』

育毛剤を使用するための条件としては、「毛根が生き残っているまたは休眠状態にある」ということに限られています。

そのため、毛根が死滅してしまっている状況になると、どの育毛剤を使っても効果を得ることが出来ないということになります。

一般的に発毛から脱毛に至るまでのプロセスに関しては下記のとおりになっています。

発毛期
成長期
脱毛期
休眠期

この4つのプロセスを繰り返すのが発毛から脱毛までのメカニズムになっています。

薄毛になってしまいやすい人の特徴としては、成長期が短く、休眠期が長くなってしまうために、徐々に頭皮が見える状況になってしまい、薄毛に気付くということになります。

一般的に薄毛になってから間もない人の場合は、多くが休眠期の毛根となっているために、育毛剤を使用することによって回復することが可能になっていますが、薄毛になってから数年~十年間ほどが経過している場合は既に毛根が死滅してしまっていることも考えられるために、それから育毛剤を使用しても効果がないということになります。

育毛剤を使用する際に、特に効果的だとされているのが、成長期が短くなってしまったケースとなっていて、成長期が短いために、髪が成長する前に抜け落ちてしまい、少しずつ髪が細く弱くなっている状況で育毛剤を使用するために、髪の太さと強さが復活するということになります。

成長期は通常の状態だと、2年~5年ほど続くということになっていますが、薄毛が進行してしまっている人の場合は、わずか数ヶ月で脱毛期に移行してしまって抜け落ちてしまうために、休

次のページ »