薄毛対策は育毛剤だけではなく、多角的に行う必要がある

薄毛対策をしようと考えた人の多くは育毛剤や育毛シャンプーなどに手を出すという人が多くなっていますが、育毛剤や育毛シャンプーを使用することはオススメできますが、それだけでは、高い効果を得ることは難しいと思われます。

薄毛対策をするために必要なのは、頭皮や健康、日常生活に対して多角的に考えるということになっていて、育毛剤を使用しただけでは薄毛が改善されないことも多くなっています。

面倒かもしれませんが、真剣に薄毛対策をする際に重要なポイントとしては下記の5点となっています。

頭皮環境を整える
睡眠時間を一定にする
食生活を改善する
家庭環境や職場環境でストレスを受けないようにする
毎日育毛剤を使い続ける

これら5点を守ることによって、薄毛対策を万全にすることが可能になっています。

あと、補足としてはタバコを吸っている人は薄毛になりやすいというデータもあります。

これはタバコに含まれている成分が、血管を収縮させてしまうという働きを持っているために、頭皮や毛根に繋がる血管が細くなってしまって、栄養分を行き渡らせることが出来なくなってしまうということが考えられます。

タバコと同様にアルコールに関しても控えたほうが良いという考えが強いですが、アルコールは逆に血管を広げるという作用を持っているために、適量のアルコールは薄毛対策にも効果的だということになります。

頭皮環境を整えるというと、朝と夜に洗髪をしたり、洗髪の度に2回以上シャンプーで洗ったりする人が多いですが、頭皮環境や毛髪のことを考えるのなら逆効果になってしまいますので十分に注意して下さい。

恐らく、頭皮の皮脂が気になるので過剰に洗髪をするのだと思われますが、必要以上に皮脂を洗い流してしまうと、次に生成される皮脂は前回よりも多く生成されてしまうことになりますので、結果的に皮脂が多く分泌されて薄毛を進行させてしまうということに繋がってしまいます。

育毛剤を使用していることを他人に知られたくない

育毛剤を使用しているということを周りの人に知られたくないという人は大勢います。

職場の人は当然として、中には家族にも知られたくないというケースも珍しくありませんので、そのような場合には使用する育毛剤を選択しなければいけません。

育毛剤の中には、ヘアートニックのように香料がキツくなっているタイプもあれば、無香料で揮発性が高く、育毛剤をつけても、数秒~数十秒ほどで揮発してしまうために育毛剤を付けていると知られないタイプもあります。

どちらのタイプが良いのかというのは、使用する人の状況によって大きく異なります。

例えば、常日頃からヘアートニックのような整髪料を付けているという人の場合は、少しベタつきのあるタイプの育毛剤を使用することによって、整髪料の代わりという使い方をすることで、育毛剤を付けていることを悟られないという使用方法がおすすめです。

しかし、日常的に髪のケアもセットも何もしていない人が、ある日突然、髪をセットしていたり、髪から芳香が漂ってきたりすると「この人は髪に何かをしている」と悟られることになりますので逆効果です。

このように、自分の日常に置き換えて、自分ならどのようなタイプの育毛剤が合っているのかということを分析することによって、自分に最適な育毛剤を見つけることが出来るということになります。

特に、嗅覚や視覚というのは、人間が人間を判断するために重要な器官となっていますので、これらの認識を躱すことが育毛剤を使用していることを他人に知られないために必要なこととなっています。

もう一つ、重要なポイントとしては、インターネット通販を使用して育毛剤を購入する場合は、梱包された伝票に育毛剤ということを記載しない業者を選ぶことが重要です。

一人暮らしをしているのなら問題ないかもしれませんが、家族や恋人が一緒に暮らしている場合は、伝票を見られてしまう恐れもありますので、知られたくない場合は細心の注意を払わなければいけません。

育毛剤を使用するときは、最低でも半年間は継続して使う

インターネット通販などで育毛剤を購入すると、返金保証サービスという特典が付いている商品も多くなっていますが、基本的に返金保証サービスを利用することが出来る期間内では育毛剤の効果を実感することが非常に難しくなっていることが特徴的です。

髪のサイクルを考えると、育毛剤を毎日使用している場合でも、効果を実感することが出来るのは早くて3ヶ月、一般的には6ヶ月、遅い方の場合は10ヶ月程度の時間が必要となっていますが、インターネット通販で購入する育毛剤の返金保証サービスが受けられる期間というのは、長くても3ヶ月程度になっているために、効果を実感する前に保証期間が切れてしまうということになります。

しかし、本当に薄毛が心配で髪のことを考えているのなら、返金保証期間については無視したほうが良いということになります。

上記でも紹介したように、育毛剤の使用を始めてから効果を実感するまでには3ヶ月~10ヶ月程度の時間がかかり、十分に髪の毛が復活して薄毛を解消することが出来たと実感するまでには、個人差がありますが2年近くの時間がかかることも珍しくありません。

そのため、育毛剤の使用を始めてから2~3ヶ月が経過したけど、効果を実感することが出来ないという方でも、安心していて問題ありません。

育毛剤の効果を実感する機会というのは、初めは「抜け毛が減ってきた?」というような感覚から始まる人が多いために、「目に見えて薄毛が解消された?」ということをイメージしていると実感するのが遅くなりますが、毎日抜け毛のチェックをしている人からすると、効果を早く実感できるということになります。

大切なのは、育毛剤を毎日使用するということになりますが、薄毛になってしまう人ほど毎日の髪のケアは疎かにしている傾向が強いために、その辺りの環境を整えることから始めると、目に見えて抜け毛が減るということに繋がるかもしれません。

毛根が死滅している場合は、育毛剤が効かないことも多い

育毛剤を使用するための条件としては、「毛根が生き残っているまたは休眠状態にある」ということに限られています。

そのため、毛根が死滅してしまっている状況になると、どの育毛剤を使っても効果を得ることが出来ないということになります。

一般的に発毛から脱毛に至るまでのプロセスに関しては下記のとおりになっています。

発毛期
成長期
脱毛期
休眠期

この4つのプロセスを繰り返すのが発毛から脱毛までのメカニズムになっています。

薄毛になってしまいやすい人の特徴としては、成長期が短く、休眠期が長くなってしまうために、徐々に頭皮が見える状況になってしまい、薄毛に気付くということになります。

一般的に薄毛になってから間もない人の場合は、多くが休眠期の毛根となっているために、育毛剤を使用することによって回復することが可能になっていますが、薄毛になってから数年~十年間ほどが経過している場合は既に毛根が死滅してしまっていることも考えられるために、それから育毛剤を使用しても効果がないということになります。

育毛剤を使用する際に、特に効果的だとされているのが、成長期が短くなってしまったケースとなっていて、成長期が短いために、髪が成長する前に抜け落ちてしまい、少しずつ髪が細く弱くなっている状況で育毛剤を使用するために、髪の太さと強さが復活するということになります。

成長期は通常の状態だと、2年~5年ほど続くということになっていますが、薄毛が進行してしまっている人の場合は、わずか数ヶ月で脱毛期に移行してしまって抜け落ちてしまうために、休眠期の期間が長くなってしまい結果的に頭皮が露出してしまう期間が長くなってしまうということに繋がります。

成長期が長くなると休眠期の毛根が少なくなるために、フサフサとした髪の毛を取り戻すことが出来ますので、毛根が死滅していない場合は諦めずに育毛剤の使用を考えてみると良いでしょう。

『毛根が死滅している場合は、育毛剤が効かないことも多い』

育毛剤を使用するための条件としては、「毛根が生き残っているまたは休眠状態にある」ということに限られています。

そのため、毛根が死滅してしまっている状況になると、どの育毛剤を使っても効果を得ることが出来ないということになります。

一般的に発毛から脱毛に至るまでのプロセスに関しては下記のとおりになっています。

発毛期
成長期
脱毛期
休眠期

この4つのプロセスを繰り返すのが発毛から脱毛までのメカニズムになっています。

薄毛になってしまいやすい人の特徴としては、成長期が短く、休眠期が長くなってしまうために、徐々に頭皮が見える状況になってしまい、薄毛に気付くということになります。

一般的に薄毛になってから間もない人の場合は、多くが休眠期の毛根となっているために、育毛剤を使用することによって回復することが可能になっていますが、薄毛になってから数年~十年間ほどが経過している場合は既に毛根が死滅してしまっていることも考えられるために、それから育毛剤を使用しても効果がないということになります。

育毛剤を使用する際に、特に効果的だとされているのが、成長期が短くなってしまったケースとなっていて、成長期が短いために、髪が成長する前に抜け落ちてしまい、少しずつ髪が細く弱くなっている状況で育毛剤を使用するために、髪の太さと強さが復活するということになります。

成長期は通常の状態だと、2年~5年ほど続くということになっていますが、薄毛が進行してしまっている人の場合は、わずか数ヶ月で脱毛期に移行してしまって抜け落ちてしまうために、休

育毛剤は薄毛が進行する前に使用する

育毛剤を使用する際に、多くの人が間違っているのは「薄毛になりきってしまってから育毛剤を使用する」ということです。

気持ちは分からないこともありませんが、育毛剤を使用する際の薄毛の状況によって薄毛が改善されるまでの時間と、薄毛が改善された時の状況が大きく異なりますので、育毛剤を使用しての薄毛対策は早ければ早いほど良いということになります。

特に薄毛の場合は、最終的に毛根が死滅するということになりますので、毛根が死滅してしまうと、どれだけ育毛剤を使用しても効果を得ることが出来ないということになりますので、毛根が死滅する前に育毛剤を使用しなければいけません。

巷で頻繁に耳にする「育毛剤を使用したけど効果がなかった」というような状況は、既に毛根が死滅してしまっているか、用法・用量を守らずに髪のケアを疎かにしているかのどちらかになるケースが多いために、育毛剤を使用する大前提としては、キチンと生活環境や生活習慣を整えた上で、毎日使用するということが大切です。

「育毛剤を使用するのは中高年になってからだ」と思っている人も多いですが、10代~20代の頃からキチンと薄毛対策として育毛剤を使用していると、中高年になってから薄毛に悩まされるというケースは大幅に減少することになりますのでおすすめです。

特に若い頃から薄毛対策をするということは、髪も十分に強い状態から対策をしているということになりますので、薄毛の心配をせずに済むというメリットもあります。

若い頃から育毛剤を使用しているということを聞くと恥ずかしいというイメージが強いかもしれませんが、キチンとした対策をすることによって年齢を重ねてから楽ができると考えれば、そう捨てたものではないかもしれません。

育毛剤を使用する際には、育毛剤の種類を考える人が多いですが、育毛剤の種類よりも薄毛になった原因を考えることも重要になっています。

次のページ »