頭皮環境を整えて育毛剤の効果を高める

近年では、サプリメントとして服用するようなタイプの育毛商品も多くなっていますが、育毛剤の基本としては直接頭皮に吹きかけて、毛根から栄養を与えるということが基本になっています。

そのため、育毛剤の効果をより高く得るために必要なのは、「頭皮環境を整える」ということになっていて、頭皮環境を整えることによって、同じ育毛剤を使用していてもより高い効果を得ることが出来るということに繋がります。

そこで今回は、頭皮環境を整えるためにはどうすれば良いのかということについて詳しく紹介していきます。

まずは頭皮環境を整えるために、洗髪のやり方を見直してみると良いでしょう。

一般的な洗髪の流れとしては、髪を濡らした後にシャンプーをつけて泡立てて、洗い流すということになりますが、頭皮環境を整えるための洗髪方法としては、いくつかのポイントがあります。

まずは髪を濡らす時点で十分に頭皮までお湯を染み込ませるように濡らします。

そして、シャンプーを付ける際には頭皮に直接シャンプーを付けないように、手で泡立ててから髪につけるようにして、頭皮を揉み込むように洗うのがポイントです。

出来れば、頭皮が指で摘めるぐらいに柔らかくなれば最適ですが、初めは頭皮が固くなっていることが考えられるために、徐々に慣らしていけば問題ありません。

そして洗い流すときにはシャンプーが頭皮に残らないように綺麗に洗い流すことが重要になっていて、頭皮にシャンプーが残っていると、そこから頭皮が炎症を起こしてしまうこともありますので、頭皮環境を整えるには重要なポイントです。

頭皮の環境を整えるには、その他にも紫外線が直接当たる場合は帽子をかぶるようにするというようなこともありますが、一般的に育毛剤を使用するのは洗髪の後となっていることが多いために、まずは洗髪のやり方を正しくするということが大切になります。

最後に、洗髪後はキチンと乾かしてから育毛剤を付けるようにして下さい。

育毛剤を使用する前に生活環境を整える

育毛剤を使用すると決めた場合でも、大切なことは生活環境や生活習慣を整えるということになります。

例えば、生活バランスがバラバラになっていて、寝る時間も起きる時間も食事をする時間も内容もバラバラという状況が身体に良くないということは誰にでも分かると思われますが、当然のことながら髪の毛や頭皮にも大きな影響を与えているとされています。

具体例を出すと、髪を成長させるための栄養分やホルモンを生成している時間帯というのは、一般的に22時~2時ぐらいの時間帯で「眠っている間」となっていますので、この時間帯に眠っていないと髪の成長を阻害しているということに繋がってしまいます。

そして、食生活に限って言えば、肉類や油物、食品添加物を多く摂取していると、頭皮にある毛根から皮脂が排出されやすい状況になってしまいます。

この皮脂というのは髪の成長を止めてしまい、育毛剤や育毛トニックなどを使用しても毛根の奥にまで栄養が届かなくなってしまいますので、結果的に効果の無い育毛剤を使用しているという状況になります。

その他にも、ストレスによって自律神経が弱ってしまい、成長ホルモンの分泌が不安定になってしまうことがあります。

ストレスが蓄積してしまう環境というのは様々なことが考えられますが、薄毛の悩みを抱えやすい中高年の男性の場合は、職場関係と家庭環境の2点が多くなっていて、職場と家庭の両方でストレスを抱え込んでしまう人の場合は薄毛になりやすいというデータもあります。

これらの要因については育毛剤を使用する前に整えなければならない環境となっていて、これらの環境を整えることによって、育毛剤を使用した場合の効果を高めるということにも繋がります。

生活環境を整える前に育毛剤を使用した場合は、高価で効き目の高い育毛剤を使用していた場合でも、半分の効果を得ることもなく薄毛が改善されないということもありますので、育毛剤を使うための準備を徹底することが重要になります。

育毛剤は発毛剤ではないということを理解する

育毛剤について勘違いされやすいのが、育毛剤を発毛剤と間違えて購入するということになります。

育毛剤を使用することによって発毛を促すということについては間違っていませんが、毛根が死滅してしまっている場合には、どれほど育毛剤を使用してもそこから髪の毛が生えてくるということはありません。

そのため、育毛剤を使用しても効果がなかったと嘆く人が多くなっていますが、毛根が死滅しているのではなく、休眠状態にある場合は育毛剤が効果的になっています。

薄毛になってしまうメカニズムを考えてみると、ある日突然に、毛根から髪の毛が生えてこなくなるということではなく、前段階として、徐々に髪の毛が細くなり抜けやすくなるという段階が必ずあります。

病気や治療などで強力な医薬品などを使用していて、医薬品の副作用で抜け毛になってしまったという状況だと別問題となりますが、日常生活を繰り返す上で徐々に髪の毛が薄くなってきた気がするというのは、徐々に髪の毛が弱くなっているということになります。

そのため、育毛剤を使用すると、弱くなっている髪の毛を強くすることが可能になりますので、毛根が死滅していない限りは髪の量を復活させることが出来るということに繋がります。

大切なのは「髪の量を増やすことが出来る」というよりも、「髪の量をもとに戻すことが出来る」ということが正確なので、はじめから髪の量が少ないという人の場合は、髪の量が増えることではないということについて知っておいて下さい。

また、永久脱毛や過度な染髪やパーマを繰り返してしまうと髪質だけではなく毛根も死滅する可能性が高くなってしまいますので、そのような状況になってから育毛剤を使用しても髪が復活するということはありませんのでその点に関しても十分に注意が必要です。

最後に遺伝的な理由で薄毛になってしまう方も多いと思われますが、遺伝の場合は薄毛になることを遅らせることは可能ですが、薄毛になることを防ぐのは非常に難しくなっています。

育毛剤が必要な状況について

育毛剤が必要な状況というのは非常に難しいですが、基本的には「薄毛部分が気になる」という状況や、「将来的に薄毛になったら困る」という人に向いている商品になっています。

薄毛になってしまう原因には様々な事が考えられますが、遺伝的な要素を除くと、薄毛になってしまう原因のほとんどが生活習慣や食生活ということになります。

そのため、生活習慣や食生活を改善することによって薄毛を改善することも可能になっていますが、それよりも早く、より効果的に薄毛を改善したいという方に向いているのが育毛剤を使用するということになります。

育毛剤にも様々な種類があって、どの育毛剤を使用すれば良いのか分からないという人も多いと思われますが、大切なのは「どの育毛剤を使うのか」ということではなく、「育毛剤を毎日使う環境を整える」ということになります。

育毛剤というのは基本的に、吹きかけた瞬間に髪が生えてくるような魔法の薬ではありませんので、半年間~2年間ほど掛けて毎日続けることが大切になっています。

育毛剤は、高価な商品になると1本あたり1万円を超える商品も沢山あり、1本を1ヶ月間で使い切るということが基本になっていますので、年間12万円も掛かるということになりますが、安い商品なら3,000円程度で購入することも可能になっています。

しかし、安い商品を使うと効果がない気がするという消費者意識から高いものを購入する人が多いですが、大切なのは上記でも紹介したように、使い続けるということになります。

2~3ヶ月間ほど毎日使っていても効果を実感することが出来ないということで、別の育毛剤を使用する人が多いですが、育毛剤をコロコロ変えてしまうと頭皮や毛根にダメージを与えてしまうことに繋がることもありますので、育毛剤を変えるときには十分に注意が必要です。

また、育毛剤だけではなく育毛シャンプーやトニックを使用する際にも、これらの商品を変更してから1週間~2週間ほどは一時的に抜け毛が増えることもありますので、その点に関しても注意して下さい。

育毛剤を使用する年齢が、どんどん低下している

近年、日本では育毛剤を使用する年齢が徐々に低下していると言われています。

その理由としては様々なことが挙げられますが、育毛剤を使用する年齢と聞いてイメージするのは中高年以上の男性が使用しているというイメージが強いですが、最近では10代後半~20代前半でも育毛剤を使用している人が多くなっています。

その原因は、「髪を傷めてしまうファッションが日常化している」ということが理由として挙げられます。

数十年前の日本では考えられなかったかもしれませんが、近年の若者のファッションでは染髪やパーマをかけるということは日常的になっていて、これらの行為は当然のことながら髪に大きなダメージを与えてしまうことになります。

髪のダメージというのは、若い頃は気にしない人も多いですが、20歳前後になるとダメージとして認識できる状況になってしまうために、気付いた時にはダメージでボロボロになっているということから、若い頃から育毛剤を使用する人が増えてきたということが挙げられます。

また、もう一つの理由としては、「若い頃から準備をしておく」ということが挙げられます。

育毛剤というのは基本的に、毛根が生きている状態でないと効果を発揮することが出来ない仕組みになっているために、年々薄毛になっていく自分の頭部を見て、これではマズイと奮起することから、若いうちから中高年になっても髪がフサフサになるように準備をする若者が増えてきたということでもあります。

髪のことを考えるのなら、若い頃から染髪やパーマを掛けることもせずに、健康面にも気をつけてストレスを溜めないような生活をするのが良いとされていますが、若い間は遊びたいという人も多いと思われますので、そのような場合には、早めに育毛剤などで対処をするようにしないと、将来的に薄毛になってしまう可能性が高いということに繋がりますので注意しなければいけません。

« 前のページ