効果が長いシアリスにもジェネリックがある

ED治療薬の服用タイミングが難しい

勃起力に自信がなくて困ってしまい、ED治療薬を飲み始めたという方もいるでしょう。
しかし中には4時間前後しかその効果が長続きしないものもある為、その服用を行うタイミングが難しいと感じている方もいるではないでしょうか?
確かにそのタイミングを失うと、また勃起が上手にいかなくなってしまいます。
しかし女性との楽しい時間は確実に決まった時間とは限らないので、タイミングを計るのが難しい事もありますよね。

長い効果のシアリス

実はタイミングをそこまで考えずに、服用できるED治療薬があります。
それはシアリスという医薬品になるのですが、なんとその方の体質にもよりますが、最高で36時間もその効果が続くと言われています。
そして他のED治療薬に比べて、勃起をした時にあまりにも固くならずにナチュラルに固くなってくれるので安心です。
このくらい効果が長持ちしてくれれば、女性と週末続けて2日過ごすような男性でも、どこで楽しい時間が訪れても堂々とした気持ちでいられるでしょう。

ジェネリック医薬品もある

実は普通に病院などでシアリスを処方してくれるところもありますが、今はネットの通販でも購入する事ができます。
もちろん先発品もあるのですが、実はシアリスにはジェネリック医薬品も存在し安く購入する事ができるのです。
これから楽しい時間の度に飲む事を検討している方は、ジェネリック医薬品を検討してみても良いでしょう。

正規品100%の取扱のサイトで購入を

通販サイトはネットで調べると何社か出てきますが、口コミなども参考にしましょう。
中には価格が他の業者よりも遥かに安くなっていて、偽物を販売しているようなところもあります。
しっかりと正規品100%の取扱をしているようなサイトもありますので、そういったところを利用するようにして下さい。
中には安心して正規品の保証を行ってくれるサイトを紹介してくれているようなところもあるので、そういった情報も見てみるようにして下さい。
海外からの輸入を代行して行ってくれますので、難しい手続きなく購入ができます。

シアリスのジェネリックは個人輸入で

シアリスは効果の持続時間がとても長い薬です

医薬品は服用してから30分とか1時間で効果が期待できるものが多数ありますが、体の中で分解されてしまうのでその効果が持続する時間は4時間から6時間程度と言う物も珍しくありません。
そのため、1日に2回から3回服用する物も多数あります。
しかしシアリスに関しては別で、24時間から36時間効果を期待できます。
ED治療薬は性行為の前に飲む必要がある薬が多くありますが、シアリスの場合は性行為の前ではなく、全く関係ない時に飲んでも大丈夫です。
勿論性的な興奮を覚えない限り勃起する事はないので、外出する前とかに飲んでも何ら心配はありません。
またジェネリックもあるので、薬価が気になる人でも金額の事を気にせずに利用する事が可能です。

シアリスを手に入れるための方法

シアリスを手に入れたいと思ったら、現時点では3つの方法があります。
一つは病院に行って処方してもらうと言う物です。
この場合は専門の病院等に行く必要がありますが、土日診療を行っている所もあるので、仕事をしている人でも病院で処方してもらう事は可能です。
もう一つは海外に行って直接買い付けると言う方法です。
さらに海外医薬品を手に入れるなら、個人輸入と言う方法もあります。
現時点でシアリスを手に入れたいと思ったら、この3つの方法から選ぶ事になります。

手軽なのは個人輸入

病院に行ったり海外に買いに行くとなると、時間がとてもかかってしまう事は少なくありません。
もっと手軽にと考えるのであれば、個人輸入を行いましょう。
ネット上には輸入代行業者のサイトがあるので、そこを利用すれば通常の国内通販を利用する時と同じ感覚で医薬品を注文する事ができます。
勿論先発医薬品だけでなくジェネリックの取り扱いもあります。

個人輸入をする時の注意点

個人輸入を輸入代行業者を利用して行う時は、どの業者を利用するかが大きなポイントです。
シアリスのジェネリックを扱っている業者は多数ありますが、人気がある薬なのでどうしても世界には偽物が多数出回っています。
健康被害を起こさない為にも、正規品のみを扱っている業者を利用しましょう。

プロペシアの上手な服用方法とは?

プロペシアの効果的な服用タイミングは?
薄毛治療ではほとんどのAGAクリニックで利用されている内服薬系プロペシアですが、1日の用量は説明されているものの、実際に飲む時のタイミングや飲み方については知らない人も多い事でしょう。特に個人輸入で購入している方は自己流で服用しているかもしれません。そこでAGAクリニックでのアドバイスを参考にしますと、服用の時間帯には特に決められていません。ただし、服用の間隔はできるだけ24時間間隔が好ましいとの事です。この服用間隔は、薬の有効成分・フィナステリドの体内濃度と関係があります。例えばフィナステリド含有量が1mgのタブの場合、服用して半日もすれば濃度も半減するでしょう。もし10時間も立たずにまた服用すれば、場合によっては適量の1mgを超える事もあり得ます。フィナステリドは副作用の強い薬ですので、適量以上の服用はできるだけ避けるべきです。また反対に1日1錠という事で朝飲んで、翌日は忙しくて夜中に服用したケースでは24時間以上の間隔が空く事になり、薬が効いていない時間が長くなります。この様に服用間隔が短くなったり長くなったりを繰り返せば、それなりにロスも出てくるかもしれません。

また体の消化・吸収器官もリズムがあって、吸収率を高めるために一定のリズムをもって服用する方が効率的です。髪の毛が成長し、かつ頭皮環境が改善される時間帯は睡眠時となります。つまりこの時間帯にフィナステリドの濃度が高い方が有効です。寝る前の決まった時間に服用する習慣がベストと言えるでしょう。

プロペシアと併用したいサプリがあります
長期服用を続ける事で効果が増してくるのがプロペシアですから、同時に育毛に役立つ栄養補給もしておく方が良いでしょう。そこでアルギニンやロイシン・イソロイシンといった、細胞分裂を促進させるアミノ酸をしっかりと摂取すると効果的です。またビタミン・ミネラルの補給も重要で、そのような滋養強壮効果のある精力サプリは薄毛の男性におすすめです。

プロペシアが育毛剤として優れた効果を発揮するのは?

脱毛因子を抑制するプロペシア
プロペシアに育毛効果があるとされるのは、実は髪の毛を生やす働きがある訳ではなく、主成分のフィナステリドに脱毛因子を阻害する効果があるからです。そこでAGAの医学的なシステムから説明しますと、男性型の脱毛症の場合は血中の男性ホルモン・テストステロンが5αリダクターゼという還元酵素によって脱毛因子に返還されてしまうために発生します。この5αリダクターゼは毛根部に存在している酵素で、基本的にはどなたも持っている酵素です。そしてこの酵素が活性化して、次々にテストステロンを脱毛ホルモン・ジヒドロテストステロンに変換してしまうと、これが男性ホルモンレセプターに結合してTGF-β1を生成して、毛母細胞の細胞分裂作業をストップさせるのです。これによって髪の毛は成長を止め、やがて抜け落ちるシステムです。

プロペシアをより有効に利用する方法
プロペシアの有効成分・フィナステリドは、この悪玉ホルモンを生成する5αリダクターゼの働きを妨害し、テストステロンの脱毛因子化にストップをかけてくれます。そこでプロペシアを1年間服用すると、60%もの利用者に発毛効果が見られるとのデータがありました。また発毛までは実感できずとも、脱毛が改善された方が40%近くに昇ります。つまり、全く効果を実感できなかった方はほんの数%という事です。そして3年以上の長期服用をすれば80%以上の確率で発毛・育毛効果が期待できるのです。ただし、育毛力自体に関しては、DHTの減少と必ずしも比例はしません。それは髪の毛の育毛が、頭皮環境に大きく影響を受けるからです。実際に脱毛が進んでいる方の頭皮環境は劣悪で、毛穴が角質や皮脂で詰まっていたり、頭皮の毛細血管がつぶれていて、血液の流れが悪かったりと育毛にとって悪条件になっています。そこでまず栄養補給の意味で、頭皮の毛細血管を修復して血行改善をもって栄養補給をする事が効果的です。血管拡張と血管修復効果に優れたミノキシジルか、副作用のないフコイダンなどの天然成分による育毛剤を併用すると良いでしょう。

プロペシアがAGAに有効な理由とは?

プロペシアの効果は臨床試験で確認済
プロペシアは外国で開発された新薬ですが、もちろん日本での認可を受けるにあたって、日本でも臨床試験を受けています。また実際の利用者から得たデータもしっかりと取られていて、そのデータの中には1年間継続の臨床試験があります。結果は有効成分フィナステリドを0.2mg投与で 54%が改善し、1mg投与の場合は58%の改善が見られました。それから1mg投与の継続2年目になると改善率が68%にアップし、3年目では78%まで達したとあります。この発毛効果のズレはヘアサイクル(毛周期)があるためです。一般的に人の頭髪は成長期・退行期・休止期のサイクルを2~6年間で繰り返しています。このサイクルに合わせて毛根から髪の毛が発毛するので、場所によっては2年や3年のタイムラグが生じても不思議ではないという事です。反対にこのぐらいの年数を掛ける事によって、ほとんどの毛母細胞の細胞分裂を再開して、どの薄毛部分からも発毛が見られます。

プロペシアの治療効果とメカニズム
プロペシアの有効成分フィナステリドには、男性ホルモンテストステロンへの働きかけに優れていて、AGA脱毛が起こる原因を根本的に改善させるメリットがあります。具体的に脱毛症状は、脱毛因子であるジヒドロテストステロン・DHTが毛母細胞に接触して細胞分裂を中止させることで起こります。またこのDHTは性機能を劣化させる悪玉ホルモンとも呼ばれていて、男性には大敵です。フィナステリドは、テストステロンがジヒドロテストステロン・DHTへ変換させる5αリダクターゼの働きを阻害します。つまり5αリダクターゼを無力化させて、悪玉ホルモンの発生を阻害する働きをするのです。実際にフィナステリドの長期服用によって、被験者の頭皮のDHT濃度が64%も低下していました。これで抜け毛の予防が可能になります。後はミノキシジルなどの血行アップ成分で、頭皮・毛母細胞へ栄養を送り込み、しっかりと発毛させると髪の毛の復活が期待できるのです。

« 前のページ次のページ »